【AXRワイナリー】究極のワインを目指すナパ・ヴァレーの至宝

AXRワイナリーとは?

AXRワイナリーとは、ワイン醸造家ジャン・ホフリガーとその友人3名によってナパ・ヴァレーのセントヘレナで創立されたワイナリー。

ワイナリーのAXRは、カリフォルニアワインの原点とされる葡萄の台木、「Aramond x Rupetris」をモチーフとしたものです。

最高峰のワインをカリフォルニアで造りたい。

その夢のワインを生み出すためジャン・ホフリガーは、友人である投資家の3人とチームを結成します。

自社畑も最高峰の区画に位置しており、醸造も最新の革新的な醸造技術を用いるなど全てをワインに捧げるその姿勢は圧巻。

ナパ・ヴァレーのテロワールを愚直に再現するため、今日も有志たちの挑戦は続きます。

天才醸造家が生み出す極上ワイン

AXRワイナリーのワインを醸す、ワイン醸造家ジャン・ホフリガー。

スイス・ローザンヌで生まれた後、ボルドーや南アフリカで経験を積んだ凄腕醸造家です。

あの世界的ワインコンサルタント ミシェル・ローラン氏が全幅の信頼を寄せているという希有な人物であるジャン・ホフリガー。

天才醸造家としてワイン業界では知らぬ者はいないほどの腕前といわれています。

そんな彼がAXRワイナリーで目指すのが、「バランスの取れたワイン」。

若いワインと熟成ワインに優劣をつけるのではなく、若いワインでも飲みやすく、熟成を経て少しずつ「バランス」が良くなるワイン造りこそが目指すべきワインの理想郷だと語ります。

しかし、彼が本当に大切にしているのが、人と人がワインを通じて結びつくこと。

現代社会で失われつつある、「感情豊かな交流と会話が生まれる」きっかけを提供する…。

AXRワイナリーが目指すゴールはワインの品質向上だけではなく、ワインが紡ぎだす「絆」を作ることなのではないでしょうか。

AXR ソーヴィニョン・ブラン

美しい金色の外観。ソーヴィニヨン・ブランが持つトロピカルな香り特徴的で、柑橘やジャスミン、心地よい酸を楽しめる1本です。ナパのソーヴィニヨン・ブランの個性を引き出すため、ステンレスタンクとオーク樽に分けて発酵後、半年間ほどフレンチオーク樽で熟成させられています。

AXR シャルドネ

特別な単一畑で収穫された貴重なシャルドネから造られた白ワイン。オークの新樽と古樽に分けて発酵されたのち、澱と共に15ヶ月間の熟成を経たリッチな1本となっています。グレーがかった金色の外観に樽由来のバタースコッチの香り、やわらかな口当たりと焦がしたマシュマロを思わせる満足度の高い仕上がり。ナパのシャルドネの魅力を最大限表現した極上のワインといっても過言ではないでしょう。

AXR カベルネ・ソーヴィニョン

オーク樽で発酵させた後、22ヶ月以上の樽熟成を経た贅沢な赤ワイン。最高の環境で栽培された極上のカベルネ・ソーヴィニヨンを使用しており、カリフォルニアのカベルネの印象を覆すインパクトのある味わいに仕上げられています。カベルネ・ソーヴィニヨンらしいカシスや杉、ブラックベリージャムのニュアンスはあるものの強すぎず、あくまでエレガント。タンニンも柔らかく、永遠に続くと思わせる余韻も魅力です。今飲むべきカリフォルニアのカベルネ・ソーヴィニヨンがこの1本といえるでしょう。

AXRリザーヴ

複数の畑でとくにできばえのよいカベルネ・ソーヴィニヨンを集めて造られた特別な赤ワイン。7割オーク新樽、3割オーク古樽で発酵させた後に24ヶ月の熟成を経た贅沢過ぎる1本となっています。果実やタイム、さらに熟成を経たハムのような香りが特徴。さまざまな要素が複雑に絡み合う風味に滑らかでシルキーなタンニンなど、飲む者全てを幸せに導くハイクオリティな仕上がり。AXRワイナリーが目指すゴールを叶える、キーマンとなるアイテムとなるでしょう。

 

 

-カリフォルニアワイン, ブランド紹介

© 2020 TYC Wine Club