【セクスタント】世界有数の苗木会社CEOが手掛ける圧巻のワイン

セクスタントとは?

セクスタントは、カリフォルニア州セントラル ・コーストリージョンにあるワイナリー。

近年、品質の高いブドウ産地として注目されているパソ・ロブレスを中心にワイン造りを行っており、アメリカ国内はもちろん世界のワイン好きたちから注目されています。

醸造技術が注目されるカリフォルニア産ワインですが、セクスタントはテロワールを大切にする生産者。

自社畑でブドウを栽培しており、その個性をいかしたピュアなワインは一度飲めば虜になること間違いなしでしょう。

世界が認める苗木会社のCEO

カリフォルニア州には数多くのワイナリーがあります。セクスタントはその中で埋もれることなく、頭ひとつ飛び出た存在になっているのはなぜでしょうか。

その秘密のひとつが、オーナーのクレイグの存在です。

クレイグは、あの苗木栽培会社の「サンリッジ・ヌーシリーズ」のCEO。家族経営でありながらその苗木の品質の高さは世界的に認められており、アメリカ国内で絶大な支持を得ているのです。

「サンリッジ・ヌーシリーズ」の手掛ける苗木から世界中のジャーナリストをうならすワインが数多く産出されていることもあってか、セクスタントは否応にも注目を浴びます。

ブドウを知り尽くしたクレイグだからこそ、その周囲の期待に応えることが可能であり、今もなお高いレベルのワイン造り続けることができているのです。

PVR(Paris Valley Road)・ジンファンデル

力強くボリューミー。しかし、驚くほどエレガント…。圧巻と称するにふさわしい素晴らしい1本が、「PVR(Paris Valley Road)・ジンファンデル」です。ジンファンデルとプティ・シラーのブレンドという、“カリフォルニア伝統”の技法で仕上げられており、カリフォルニアの豊かな大地を想起させる存在感。充実の果実味とビロードのようなタンニン、いつまでも続く余韻の長さに心打たれることでしょう。

-ブランド紹介

© 2020 TYC Wine Club