【レベルイェル】洗練され優しい味わいが魅力のバーボン

レベルイェルとは?

レベルイェルは、1849年頃にStitzel-Weller蒸留所となる蒸留所で考案されたレシピからはじまるバーボンブランド。

少量生産であったことからアメリカ南部のみの流通でしたが、LUXCO(ラックスコ)の販売となった後は全米で入手することが可能となりました。

1849年の蒸留所創設以来ずっとケンタッキー州の石灰岩でろ過された清らかな水のみを使い、ホワイトオーク樽で熟成。

多くのバーボンファンを納得させる、品質重視の姿勢は今もなお受け継がれています。

驚くほどまろやかな味わい

レベルイェルの特徴は、バーボンらしかぬ“柔らかく、優しい味わい”です。

多くのバーボンウイスキーと異なり、なんと二次原料にライ麦ではなく小麦を使用。

そのため、挑戦的なまでに柔らかくソフトな味わいに仕上げられているのです。

バーボン愛好家はもちろん、初心者の方でも飲みやすい仕上がりは魅力的。

レベルイェルはバーボンの常識を覆す、革命児でもあるのです。

レベル イェル ケンタッキーストレートバーボン

とうもろこし、小麦、モルトから造れるバーボン。蜂蜜やバター、レーズンといった香りが特徴で口当たりはとにかく滑らかでスムース。このなめらかさは、一度飲んだらクセになること間違いなしでしょう。

レベル イェル スモールバッチライ

限定生産ライウイスキー。ライ・ウイスキーとバーボンのブレンドで造られており、オークやキャラメル、革、赤色系果実など複雑性のある香りが特徴です。口当たりはスムースで濃厚な味わい。甘いプラム、小麦とライ麦の風味が口いっぱいに広がる充実した仕上がり。オークと微かなチョコレートがアクセントのフィニッシュも魅力です。

-ブランド紹介

© 2020 TYC Wine Club