「酒精強化ワイン」とは?世界三大酒精強化ワインも紹介!

ワインのカテゴリの中には、「酒精強化ワイン」と呼ばれるものがあります。

フォーティファイドワイン及び強化ワインなどとも呼ばれていますが、一般的なワインよりアルコール度数が高いため長期保存が効く利便性の高いワインとして人気です。

ここでは、酒精強化ワインとは、そして酒精強化ワインの主な種類を解説していきます。

酒精強化ワイン

酒精強化ワインとは、ワイン発酵の途中にスピリッツを投入してアルコール度数を高めて造られたワインのことです。

酒精強化ワインには甘口から中甘口、辛口がありますが、主にスピリッツを投入するタイミングでコントロールされています。

アルコール発酵中に液中のアルコール度数が高まればアルコール発酵はストップしますが、スピリッツ投入が初期であれば酵母が糖分を使い切っていないため甘口になり、後半で投入した場合は酵母が糖分を使い切っているため辛口となるようです。

酒精強化ワインは、食前酒や食後酒、デザートと共に…といった使われ方が主流ですが、食中酒としても当然活躍します。

後述しますが、酒精強化ワインでとくに有名なのはスペイン、ポルトガルです。

ちなみに酒精強化ワインは、日本だと「甘味果実酒」というカテゴリとなるため厳密では果実酒に分類されるワインとは別のカテゴリとなります。

覚えておきたい酒精強化ワイン

酒精強化ワインは世界中で造られていますが、主に覚えておきたいのが世界三大酒精強化ワインと呼ばれている、「シェリー」「ポート」「マディラ」です。

それぞれ解説していきます。

シェリー

シェリーは、スペイン アンダルシア地方のヘレス・デ・フロンテーラで造られ地得る酒精強化ワインの総称です。

シェリーは使用されるブドウ品種や製造方法によってさまざまな種類が存在しており、どれを選ぶのか…という楽しみのある酒精強化ワインとして知られています。

辛口タイプとしては、パロミノ種か造られるフィノ、マンサニージャ、オロロソ、アモンティリャードが有名です。

一方、ペドロ・ヒメネスやモスカテルと呼ばれる極甘口のシェリー、甘口と極甘口を混ぜて造られるクリーム、ミディアムなどもよく知られています。

シェリーの特徴は、樽内ワインの表面に産膜酵母(フロール)を作るところにあります。

アセトアルデヒドなどシェリーが持つ独特の風味に寄与しており、シェリーの風味を決定づけるといわれているようです。

例えば、ここにスピリッツやワインをプラスしてアルコール度数を15%になるようにして維持し続けるとフィノになります。

一部、イワシの塩焼きなどに合うワインといわれるなど魚料理との相性も良く、日本料理とも合いやすいといわれているようですのでお試しください。

ポート

主にポルトガルの北部のドゥロ川で収穫されたブドウから造られている酒精強化ワインがポートです。

ポートワイン、ポルトとも呼ばれます。

赤・白共に造られていますが、赤ワインが多い傾向にあるようです。

発酵途中にブランデーを投入して造られていることから全体的に甘口タイプの酒精強化ワインとなり、日本でも食後酒として人気を博しています。

ポートは熟成期間などによって種類が変わり、2から3年熟成タイプのルビーポート、10年から20年以上熟成されたトウニーポート、特別なブドウから造られる長期間熟成されるヴィンテージポートが有名です。

ポートワインは、上質なものになると100年以上の熟成が可能。

まさに神秘の酒といっても過言ではない、逸品なのです。

マディラ

ポルトガルのマディラ島で造られている酒精強化ワインが、マディラです。

ポートと同じポルトガル産の酒精強化ワインですが、そのスタイルは大きく違います。

マディラは、醸造中にアルコールを加えた後(およそ19%になるようにする)、最高50℃ぐらいまで加熱。

その後、数ヶ月置いて冷まして造られます。(さまざまな調整アリ)

その後、高温状態にある特殊な部屋で5年から50年以上熟成されるため、酸味が少しずつ消えてマディラ特有の香気が生まれ、それが味わいの特徴に寄与していると考えられているようです。

カンテイロやエストゥファといった、マディラ特有の製法があるところも大きな特徴でしょう。

マディラは、辛口タイプの「センシアル」、中辛口タイプの「ヴェルデーリョ」、中甘口タイプの「ボアル」、甘口タイプの「マルヴァジア」などがあります。

また、黒ブドウから造られる「ティンタ・ネグラ・モーレ」なども有名です。

酒精強化ワインは奥深い

酒精強化ワインの基本についてお伝えしてきました。

ここでは、「シェリー」「ポート」「マディラ」を紹介しましたが、イタリア シチリア島のマルサラワインも有名であり、多くの酒精強化ワインファンに支持されています。

酒精強化ワインは、まだまだ日本では認知度が低いカテゴリではありますが、私たちのワインライフを豊かにしてくれるワインであることは間違いありません。

手に届きやすい価格で保存も利きます。

ぜひ、これを機会に試してみてはいかがでしょうか。

-ワインコラム
-, , ,

© 2021 TYC Wine Club